3月は廃車や車の処分シーズンですが、その理由は?

3月にはいると車を処分する方も増えますが、その理由は4月まで車を保有していると自動車税が課税される為です。

 

この車税は4月1日時点での車検証の使用者に課税される税金です。(所有者ではありません。)

 

また、車検が切れれば、この車税が保留される地域もありますが、法律上、厳密にいえば車を所有している方にかかる税金となるため、車検が切れていようがいまいが、実際のところ関係ありません。


地方税にあたるため、ナンバプレートを管轄する区域により変わりますが、車税を払わずに済ますために確実なのは、

車の登録抹消を行うか、車を譲渡する方法しかありません。

末梢にも永久と一時の二つがありますが、永久は解体し公道を走れなくする登録で、一時は解体せず、一時的に車に乗らない措置をとる登録方法で、また再度登録を済ませれば公道を走れるようになります。
永久抹消は確実に自動車税の支払い義務を止める事が出来ますが、一時抹消の場合では、支払い義務が残る地域がある事もウェブ上で確認されています。

自動車税を管轄するのは、現在の住所を管理する税務署になりますのでそちらに問い合わせるのが一番確実です。

また、車を譲渡する場合には、必ず車検証の名義が変更されたコピーをもらうようにして下さい。

実際のところ、業者でも名義を中々変更せず、翌年の自動車税が旧所有者宛てに請求が来たという事もあるので注意して下さい。

もしも車を処分したいが、曖昧に放置している方は下記サイトを参考にして下さい。

事故車として売る方法もあります。

事故車 売る

事故車でも色んな種類があるので、査定先を変えないと料金が変わることや、どういった車を事故車と呼ぶのか、また査定額は相場よりいくら下がるのかを記載してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です